【番外編】世界ツアー中、イタリアに帰国直前の「ウルス」と密会!?

| トラックバック(0)
180423-Urus-11.jpgワールドツアーの真っ只中、本国イタリアに帰る直前の貴重な「ランボルギーニ ウルス」と日本で"密会"してしまいました。

※ギャラリーはこちら

(撮影協力:incell インセル
ランボルギーニの新型ウルスは2017年12月7日にイタリアでワールドデビュー。その後、世界各国をツアーで巡り、日本では2018年2月6日にお披露目されました。日本でのデリバリーは2018年9月以降のことです。

トラックやトラクターから始まった「ランボルギーニ」社ですが、いまではすっかりスーパースポーツカーブランドとして認識されています。そして新型ウルスはランボルギーニ初のSUV......といいたいところですが、実は1986年から1993年にかけて「LM002」というオフロード4WDがあったので「ランボギーニにSUVが復活!」ということになりますね。

でもその背景には、このところのSUVブームの影響があったに違いありません。

それはさておき、密会の場所は賃貸ガレージハウス「incell インセル」の東京・花小金井にある物件。

180423-Urus-16.jpg
ここ「incell 花小金井」は、一番道路側に面した部分はヘアサロンが入っていて、ここを除いた賃貸物件が3軒。2階建てで1階がガレージ、2階がワンルームタイプのお部屋になります。趣味のために借りている方も多いとのことです。

これを手掛けたインフィストデザインの須田 力社長は、「愛車を安全にかっこよく格納したいガレージ」というコンセプトで制作したとか。そして須田社長はご自身でも愛車の「Audi R8」や「Audi RS 3」で富士やもてぎなどのサーキットを走るという大のクルマ好き。

180423-Urus-24.jpg
「こういったガレージハウスはほかにもありますが、私どもはガレージの床をタイル張りにするなど、細かい部分にまでこだわってつくっています」とのこと。クルマ好きだからこそ、クルマへの愛情が感じられるつくりになっているのかもしれません。

180423-Urus-14.jpg
そしてウルスとの再会シーン。

道路が混んでいたため、私が到着したときにはすでにウルスはそこにたたずんでいました。

真っ白なボディカラーのウルス。真正面からのフロントマスクを見ると、膨張色の白なのにコンパクトに見えます。でもカッコイイ......。

ボンネット開口部のデザインは「カリメロ」(って若い方は知らないかもしれませんが)の卵の殻風。あるいは、白のボディカラーのせいか、スターウォーズの「ストームトルーパー」にも見えます。

180423-Urus-23.jpg
問題はリアのデザイン。直線のラインですが、フロントマスクの大胆さに比べると正直地味(-_-

というか、このところ「アウディ」、「フォルクスワーゲン」といったフォルクスワーゲングループの他のクルマにいえることですが、リヤのデザインがもったりとしていますよね。これはフォルクスワーゲングループのトレンドなのでしょうか??

180423-Urus-18.jpg
実は撮影現場には、この瞬間、日本にたった1台しかないウルスをひと目見ようとギャラリーもいました。その方はウルスをオーダーして内金まで入金したのに、このリヤのデザインがどうしても受け入れられず、キャンセルしたとのこと。しかし、今回実車を見て、だいぶ後悔している様子でした。確かに写真より実車のほうがリヤのデザインは良く見えるかも。

うーん、お値段約2800万円+オプション代。このクルマが日本でデリバリーされるのは今年9月頃とのことで、ほかのメーカーからも続々SUVは登場していますが、このクルマが走っていたらだいぶインパクトあります。

180423-Urus-26.jpg
そして正面からこのクルマをまじまじと見ると、レーダーやセンサーなどの丸い目が3つ縦に並んでいます。ほかのメーカーなどだとエンブレムを大型化してその奥に運転支援のための先進技術は格納されることが多いので、こういうふうに表に出ているのってちょっと珍しいかも。

180423-Urus-10.jpg
インテリアはカーボンをふんだんに使い、インフォテイメント系は今どきな2画面の液晶パネルを採用し、このあたりもアウディ風。

180423-Urus-25.jpg
しかし、エンジンのスタート/ストップのためのスイッチは赤いストッパーを上げて行います。そして飛行機の推進力を調整する「スラストレバー」風のスイッチが走行モード変更用など3つ。

180423-Urus-13.jpg
そして、いたるところにランボルギーニのエンブレム。スピーカーのカバー、アクセルやブレーキ、フットレストなどデザインされている部分には「Y」っぽいモチーフ。テールライトにも横「Y」。

180423-Urus-19.jpg
それと六角形のモチーフもいっぱい。リヤシートとトランクとの間の壁の部分まで、黒いレザーに赤い六角形のスケッチがデザインされているあたりにもランボルギーニの世界観が伺えます。

180423-Urus-22.jpg
カーナビゲーションの画面には日本地図が表示されますが、英語表示なうえに表示される地名が若干位置を間違えているあたりは、確かにこの「ウルス」は、日本に遊びに来たツーリスト感覚。9月に再会するときには、日本への永住権を持って来日し、手元に来るのを心待ちにしているオーナーさんたちの期待に応えるクルマだといいですね。

180423-Urus-12.jpg
ちなみに今回の「ウルス」は残念ながら、撮影用で少し動かすことは可能ですが、300m以上走らせるとセキュリティが働いて動けなくなるという「箱入り娘」。

そして「ウルス」はこの3日後、イタリアに帰国してしまいました。9月前に再会できてよかった!

今年9月頃、またお会いしましょう♪

180423-Urus-21.jpg
(Text by Yumi Yoshida / Photos by Masayuki Arakawa)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/4062

Author:吉田由美

短大卒業後、モデル活動を始め、自動車雑誌や自動車レース番組などの出演をキッカケに自動車業界へ。 1998年からは国内自動車メーカーでセーフティドライビングインストラクターを務め、カーライフエッセイストへと 転進。以後、自動車専門誌をはじめテレビ、ラジオ、WEBなど多方面で活躍中! 日本自動車ジャーナリスト協会所属。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31