GWはQ2とともに

| トラックバック(0)
180507-Q2-4.jpgゴールデンウィーク、皆さんはどう過ごしましたか? なかには9連休という方もいらしたようですが、私の場合はレースを追って宮城と静岡へドライブ三昧!?
大型連休の前半にはスポーツランドSUGO(宮城)でスーパー耐久シリーズ第2戦が、後半には富士スピードウェイ(静岡)でSUPER GT第2戦がそれぞれ行われ、その取材のためにクルマで出かけたというわけです。

今回の相棒は「Audi Q2 1.0 TFSI sport」。なかなか長距離ドライブに連れ出すチャンスがなかったので、ちょうどいい機会でした。

180507-Q2-3.jpg
Audi Q2 1.0 TFSI sportの印象は、こちらの記事にあるとおりですが、あらためていろいろな道を走ってみると、このクルマの魅力がジワジワと伝わってきます。

まずは扱いやすいサイズ。全幅こそ1795mmもありますが、全長は「Audi A3 Sportback」よりも125mm短い4200mmということで、クルマを駐車するときや、抜け道で山越えする場面などで苦労せずにすみました。全高が1530mmに抑えられているので、タワーパーキングで高さを気にする必要がないのもうれしいところです。

運転する際のアイポイントはさほど高くありませんが、セダンやハッチバックに比べると遠くが見通しやすく、街中から高速まで運転がしやすい。一方、SUVであるにもかかわらず、走行時に挙動は落ち着いており、フラットな乗り心地はSUVであることを忘れてしまうほどです。

カーブの多い一般道を走る機会もありましたが、ボディ剛性が高く、しなやかな動きを見せるサスペンションのおかげで、運転が楽しいのも、このクルマの魅力でした。

180507-Q2-1.jpg
荷室も広く、カメラバッグとキャリーバッグ大・小を積んでもまだ余裕があるのも助かりました。

以前の試乗記で指摘した1.0 TFSIエンジンのノイズと振動は、最初のうちは気になったものの、時間の経過とともに慣れてきました。

ちなみに、燃費は総平均が16.3km/L。高速7割、一般道3割くらいの割合で、これにはひどい渋滞や、渋滞回避の山越えなども含まれています。高速巡航のみでは19〜20km/Lをマークしており、よく走ることを考えると十分良い数字だと思います。

ということで、10日ほどの付き合いですが、とても乗りやすく、運転も楽しいAudi Q2がかなり気に入ってしまいました。今回、試乗したのは2017年モデルでしたが、そろそろ2018年モデルのAudi Q2 1.0 TFSI sportや1.4 TFSI CoD sportが試乗車として用意されるということなので、機会があれば借り出してみたいと思います。

(Text by Satoshi Ubukata)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/4069

Author:生方 聡

1964年生まれ。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の編集部員を経てフリーランスのジャーナリストに。フォルクスワーゲン専門誌「Breeze」(現在休刊中)の編集長。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31