「55 TFSI」ってなに?

| トラックバック(0)
171031-A8-02.jpg現在開催中の東京モーターショー、もう足を運んだという人も多いと思いますが、Audiブースに展示されている新型Audi A8にこんなバッジが付いているのはご存じでしたか?
これまでモデル名のあとには「3.0 TFSI」のように、エンジンの排気量を表す数字が続いていました。しかし、このAudi A8からは、最高出力の大小を表す2桁の数字が表示され、グレード名は「Audi A8 55 TFSI quattro」にようになります。これについては以前のニュース「Audiの名前が変わる!」でもお伝えしました。

これにより、たとえば同じ2.0 TFSIでも最高出力の違いを数字で表すことができますし、ハイブリッドやe-tron(EV)でも同じルールでそのクルマの性能を表すことができるようになります。

171031-A8-01.jpg
では、具体的には最高出力と2桁の数字はどう対応するのでしょうか?

いろいろと調べてみると、こんな対応になっていました。

表示     最高出力

25        70〜80kW
30        81〜109kW
35        110〜124kW
40        125〜168kW
45        169〜209kW
50        210〜244kW
55        245〜319kW
60        320〜419kW
70        420kW〜

Audi A8の3.0 TFSIは250kWなので「55 TFSI」というわけです。ちなみに、ドイツには3.0 TDI(210kW)を積むグレードがあり、こちらは「50 TDI」となります。

「55 TFSI」と「50 TDI」では、前者のほうが高出力であるのは一目瞭然です。一方、2桁の数字は最高出力から簡単に計算できるわけではなく、また、そもそも最高出力の単位がkWなので、2桁の数字からエンジンの排気量や最高出力を類推するのは難しいですね。

まあ、それが狙いなのでしょうが(笑)

(Text by Satoshi Ubukata)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3980

Author:生方 聡

1964年生まれ。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の編集部員を経てフリーランスのジャーナリストに。フォルクスワーゲン専門誌「Breeze」(現在休刊中)の編集長。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31