アナログメーター派ですが

| トラックバック(0)
170707-VC-02.jpg先日試乗した「Audi Q2 1st edition」は、最新の装備がてんこ盛りの魅力的なモデルでした。カタログモデルではオプション設定の「バーチャルコックピット」も搭載されています。
個人的にはデジタルメーターよりもアナログメーターのほうが好きなんですが、これだけ急速にフルデジタルメーターが普及すると、拒んでばかりはいられません。実際に使ってみると、案外使いやすいわけですし(笑)

こちらはAudi Q2のバーチャルコックピット。中央部に地図を表示することもできますし、回転計内の表示も選べるなど、自分好みの表示ができます。私の場合は、回転計内に燃費(瞬間/平均)を表示し、中央部は必要に応じてドライバーアシストやオーディオのメニューに切り替えています。

ルート案内時には速度計内に矢印が表示されるのも便利で、Audiらしく、よく考えられた内容になっています。

170707-VC-01.jpg
同じMQBを採用するフォルクスワーゲン ゴルフにも「Active Info Display」と呼ばれるデジタルメーターが用意されています。こちらもシンプルで見やすいのですが、いろいろカスタマイズしても、平均燃費、瞬間燃費、ナビゲーションの案内を同時に表示することができなかったり、地図表示にしても任意の縮尺に調整できないなど、"帯に短し......"な感じがあるのが残念なところです。

170707-VC-03.jpg
些細なことかもしれませんが、より気持ちよく使えるAudiには、つくり手の"おもてなし"の心を感じずにはいられません。

(Text by Satoshi Ubukata)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3898

Author:生方 聡

1964年生まれ。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の編集部員を経てフリーランスのジャーナリストに。フォルクスワーゲン専門誌「Breeze」(現在休刊中)の編集長。

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31