藤井選手の予言どおり!? Audi Team Hitotsuyama初優勝!

| トラックバック(0)
161117-R8-14.jpgすでにお伝えしたように、Audi Team HitotsuyamaのAudi R8 LMSがSUPER GT第3戦で見事優勝しました。私もその瞬間に立ち会うことができて、本当に幸運でした。
その模様はこちらのニュースをご覧いただくとして、レース前に藤井誠暢選手と話していたときのことです。

「もてぎはどこに行けばカッコいい写真が撮れますか?」と尋ねられた藤井選手が、予想外の答えを返してきました。ちなみに、尋ねたのは私ではありません(笑)

161117-R8-.jpg
藤井選手は真顔で、「今日はコースサイドに行く必要はないですよ」といいます。それじゃ答えになっていないと思った次の瞬間に、「表彰台の正面で待っていてください。その前に"パルクフェルメ"ですね!」と。

パルクフェルメとは、レース前やレース後に車両を保管するエリアのことで、入賞した場合はここでドライバーがマシーンを降ります。その瞬間を捉えた写真や映像をご覧になったことは、皆さんもあるでしょう。

そこで撮るのがベストということは、つまりは「このレースは優勝する!」と宣言しているようなものです。もちろん、ドライバーなら誰しも優勝を目指してコースに出て行くわけですが、この日の藤井選手は自信に満ちあふれていて、その言葉には説得力があり、妙に印象に残ったのです。

とはいえ、小心者の私ですから(笑)、とりあえずはコースに出て走りを押さえたのですが、ご存じのとおり21号車のHitotsuyama Audi R8は優勝。いつもはパルクフェルメに行かない私も、このときばかりはダッシュでパルクフェルメを目指し......。その成果が下の写真です!

161117-R8-11.jpg
さらに表彰台の正面にへ! パルクフェルメでぐずぐずしていたせいで、表彰台の真正面からはちょいとズレましたが、藤井選手とリチャード・ライアン選手の歓喜の様子を写真に収めることができました。

2012年から5年間通った甲斐がありました。優勝、本当におめでとうございました!

来シーズンも期待していますよ!

(Text by Satoshi Ubukata)

161117-R8-3.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3738

Author:生方 聡

1964年生まれ。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の編集部員を経てフリーランスのジャーナリストに。フォルクスワーゲン専門誌「Breeze」(現在休刊中)の編集長。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31