【VW】「ザ・ビートル」用アクセサリーパーツに新5アイテム

180730-Beetle-01.jpg2018年7月30日、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、「ザ・ビートル」用のアクセサリーパーツとして、ウッド調のサイドデカールなど5アイテムを新たに追加し、同日より順次販売を開始する。
VGJでは、2018年1月の東京オートサロンにおいて、「ザ・ビートル」を1950年代の雰囲気に仕上げたコンセプトカーを展示しているが、来場者から好評だったことから、装着アイテムの商品化が実現した。

今回、発売するのは、「サイドデカール」、「エアコンパネル」、「シフトカバーパネル」、「ルームミラーカバー」、「シートカバー」の5アイテム。

サイドデカールは「ライトウッド」(冒頭の写真)、「ダークウッド」(写真下)、「ホワイト」の3色が用意される。価格は4万5360円(税込、取付工賃含まず、以下同)。

180730-Beetle-05.jpg
エアコンパネルとシフトカバーパネルは、ともにライトウッドとダークウッド(写真下)の2色を設定。エアコンパネルはオート用とマニュアル用が用意される。価格はエアコンパネルが8640円、シフトカバーパネルが6480円だ。

180730-Beetle-02.jpg
ルームミラーカバーもライトウッド(写真下)とダークウッドを設定している。自動防眩ミラー用と防眩ミラー(手動式)用がある。価格は8640円。

なお、エアコンパネル、シフトカバーパネル、ルームミラーカバーの3つをセットした「カラーパッケージ」を用意。ライドウッド、ダークウッドともに1万8360円とお得な価格て提供される。

180730-Beetle-03.jpg
シートカバーは「CABANA」ブランドを展開する株式会社トップセレクションとVGJが共同開発したもの。「レーシングレッド」、「レーシングホワイト」、「レーシングイエロー」(写真下)、「クラシックトフィー」、「クラシックレッド」、「クラシックブルー」、「クラシックホワイト」 の7種類があり、価格はいずれも8万4240円だ。

180730-Beetle-04.jpg
(Text by S.Ubukata)

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ