【RAYS】VOLK RACING「TE37 SONIC」

| トラックバック(0)
170915-up RAYS-3.jpgRAYSがモータースポーツで培った技術を注ぎ込んだ鍛造スポーツホイールの最高峰が「VOLK RACING」。その看板モデルが「TE37」だ。
軽さと強さ。力強い6スポークのデザイン。誕生以来、そこから生み出される走りが多くのファンを魅了してきたVOLK RACINGの代表作が「TE37」だ。

TE37にはさまざまなバリエーションが存在するが、コンパクトカー向けにラインアップされるのが「TE37 SONIC」である。

170925-TE37-10.jpg
TE37の特徴はそのままに、4穴専用のデザインとすることでセンターサークルを最小化。また、15インチに5段階、16インチに4段階のフェイスを与えることでデザインの最適化とさらなる軽量化を図っている。

カラーは「ダイヤモンドダークガンメタ」と写真の「ブロンズ(アルマイト)」の2色を用意し、ボディカラーとのコーディネートが楽しめる。

170915-up RAYS-2.jpg
オーナーは大のRAYSファンで、以前から所有のスポーツモデルにTE37を装着。購入したばかりの「up! with beats」にも迷わずTE37を装着したのだという。

170915-up RAYS-4.jpg
コンパクトカーとはいえ、妥協のない最高の走りを求めるのなら、ホイール選びもおのずと答えが見えてくる。輸入コンパクトでも走りにこだわりたい人には、ぜひオススメの一品である。

170915-up RAYS-5.jpg
VOLK RACING TE37 SONIC
カラー:ブロンズ(アルマイト)
サイズ:7J×16インチ インセット35mm(FACE3)
Hole&PCD:4-100mm

(Text by Satoshi Ubukata)

■関連リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3951

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30