【VW】Golf GTI MID edition

| トラックバック(0)
170327-MID GTI-102.jpg東京/埼玉/北海道でフォルクスワーゲンの正規輸入車ディーラーを展開する株式会社北海道ブブ/株式会社MIDが、独自にセレクトしたアイテムによってカスタマイズした「Golf GTI MID edition」が完成。その走りを試すことができた。

※ギャラリーはこちら
フォルクスワーゲン池上川越蓮田春日部を運営する株式会社北海道ブブ/株式会社MIDが、ゴルフGTIをより楽しく、エキサイティングに仕上げたのが「Golf GTI MID edition」だ。

一見して特別なGTIとわかる精悍な佇まい。Golf GTI MID editionを彩るのは、次のようなアイテムだ。

170327-MID GTI-7.jpg
真っ先に目に飛び込んで来るのが、ボンネットとルーフに施されたカーボンルックのラッピングフィルム。白のボディとのコントラストが鮮やかで、ゴルフGTIの精悍さを際立たせる。フューエルリッドのラッピングフィルムにはVWのロゴをかたどる演出も。

ゴルフGTIをロー&ワイドに見せるのが、「Flow Designs」のフロントスプリッターとサイドスプリッター。こちらも、ボディカラーとのコントラストがアクセントになっている。

170327-MID GTI-11.jpg
足元を彩るのが、イタリアの「MAK」が手がける「LOWE FF」。力強い5本ダブルスポークデザインの19インチホイールは、フローフォーミング製法により軽量化を実現。フォルクスワーゲン/アウディ用のラインアップは車種専用設計のため、ハブリングを必要としない。ゴルフGTI Clubsport(19インチ)用のセンターキャップが装着できるのも見逃せないポイントだ。

ホイールから顔を覗かせているのは、日常からスポーツドライビングまでをカバーする「Brembo GT Kit Limited」。レッドのブレーキキャリパーとスリット入りのブレーキローターは誰もが憧れるアイテムのひとつ。純正17インチホイールにも対応するのがうれしいところだ。

タイヤは、ゴルフGTIのスポーツ性を引き出すピレリのハイパフォーマンスタイヤ、「P ZERO」を装着。サイズは、225/35R19である。

170327-MID GTI-6.jpg
さらに、エクステリアにはこだわりのアイテムが散りばめられている。

170327-MID GTI-104.jpg
たとえば、前後のVWエンブレムは、定番のドレスアップパーツであるSprungの「カラードプレート」を装着。今回はレッドだが、さまざまな色が用意されており、また、前後で色を変えたりと、好みにあわせたドレスアップが可能だ。

また、GTIのエンブレムを彩るmaniacsの「カラーステッカー」や、フュエルキャップをスポーティに仕上げる「core OBJ Fuel Cap Cover」も、いまや定番のアイテムである。

170327-MID GTI-Ext.jpg
室内に目を向けると、ゴルフ7には必須といえるアイテムを見つけることができる。

まずは、ステアリングホールに装着された「maniacs DSG Paddle 4D Extension」。パドル操作をより快適に行うための優れモノで、スポーツドライビングには打ってつけのアイテムである。

170327-MID GTI-13.jpg
足元には、フォルクスワーゲン純正のフットレストに加えて、「m+ Right Side FootPlate for Golf7」が装着されている。アダプティブクルーズコントロール(ACC)使用時、これがあると右足の置き場に困らない。見た目にもスポーティで、ドアを開けた瞬間からテンションが上がること間違いない。

170327-MID GTI-14.jpg
センターコンソールには、ユニークなアイテムが。「maniacs 4D Console Decorative Switch for Golf7」は、シフトレバー右横の空きスペースを有効活用するもの。ブランクカバーをなくすことで高級感を高めることができる。

さらに、専用モジュールを接続することで、簡単にハザードを点滅させるといったことも可能だ。

リモコンキーに装着した「m+ Decorative Key Cover」も上質さの向上に一役買っている。

実は私自身もmaniacs DSG Paddle 4D Extension、m+ Right Side FootPlate for Golf7、maniacs 4D Console Decorative Switch for Golf7を愛用しており、そのメリットは確認済み。ゴルフを買ったらまずは取り付けておきたい必須アイテムなのだ。

170327-MID GTI-15.jpg
ボンネットを開けると、そこにもカスタマイズの跡が。600psまで対応する大容量のインテークキットの「VWR R600 Enclosed Air Box System」により、吸気効率の改善が図られているのだ。

170327-MID GTI-16.jpg
一方、排気効率を高めるために、REMUSのセンタマフラー/リヤマフラーを装着。4本出しのテールパイプとリヤディフューザーにより、見た目にもスポーティさが一段とアップ。「eマーク」表示があるので、日本の車検にも対応する。

さらに見えないところでは、サスペンションを車高調節機能付の「BILSTEIN B14」に交換している。アダプティブクルーズコントロールやプリクラッシュブレーキシステム"Front Assist"(シティエマージェンシーブレーキ機能付)が搭載されるゴルフGTIでは、サスペンション交換後の4輪アライメント調整は必須だが、フォルクスワーゲン蓮田/春日部に4輪アライメントテスターを備える北海道ブブ/MIDだけに、その点は安心だ。

170327-MID GTI-9.jpg
走り出してまず気づくのが、そのしなやかな動き。19インチタイヤとローダウンサスペンションにより、しっかりと路面を捉えるGolf GTI MID editionだが、思いのほかバネ下の動きは軽やかで、乗り心地にも粗さがない。スポーティでありながら、上質さすら感じられる仕上がりなのだ。

これには、今回セレクトしたタイヤ、ホイール、サスペンションが正解だったことに加えて、「COXボディダンパー」が効いているのは間違いない。2017年1月からフォルクスワーゲン正規ディーラーで扱われるようになったことで、これまで以上に注目されるこのアイテムは、ボディの振動や変形を抑えることで、乗り心地やハンドリング性能の向上に寄与するのだ。

おかげで、高速走行時の優れた安定性、フラットな乗り心地、ワインディングロードでの軽快な動きを満喫。ゴルフGTIが誇るスポーティさに加えて、BILSTEIN B14とCOXボディダンパーの相乗効果によって、ワンランク上の走りを実現したのだろう。

170327-MID GTI-101.jpg
アクセルペダルを深く踏み込んだり、パドルシフトを使って低いギアを選んで加速するシーンでは、REMUSが放つ乾いたエキゾーストノートがスポーティさを加速する。

Golf GTI MID editionは見た目に加えて、その走りでもスポーティさが際立つ。それでいて、快適さを失わないバランスの良さがうれしいところだ。

170327-MID GTI-103.jpg
ここで紹介した以外にもGolf GTI MID editionにはさまざまなアイテムが装着されており、いずれも愛車のデザイン、そして、走りを彩るには見逃せないパーツばかり。その中から、自分の好みにあったパーツをセレクトすれば、個性的なゴルフGTIが出来上がるはずだ。

170327-MID GTI-1.jpg
なお、フォルクスワーゲン池上川越蓮田春日部の各店舗では、2017年5月に「Happy Family SALE」を開催する。期間中は、フォルクスワーゲン純正パーツやアクセサリー、アフターパーツの販売を行うともに、Golf GTI MID editionの展示・試乗を行う。Golf GTI MID editionに装着されているパーツの購入も可能だ。

Golf GTI MID editionの実車を見たい人はもちろんのこと、愛車のカスタマイズを検討している人は、ぜひ各店舗を訪れて、スタッフに相談することをオススメする。

イベントの開催日と場所は次のとおり。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3824

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30