【O・Z】伝説の「Rally Racing」が復活

| トラックバック(0)
170414-OZ-4.jpg"伝説のレプリカホイール"としてWRCファンから絶大な人気を集めたO・Zの「Rally Racing(ラリーレーシング)」が復活! 日本でも販売されることになった。

※ギャラリーはこちら
1988年、WRC(世界ラリー選手権)のグラベル専用ホイールとして投入された「ラリーレーシング」は、跳ね石や土埃からブレーキを守るための革新的なディスクデザインを採用。このラリーレーシングを装着した「トヨタ・セリカGT-Four」が1990年にWRCのドライバーズタイトルを獲得し、その後も強さを見せつけたのはご存じのとおりだ。

1991年にはそのレプリカモデルとして市販版の「ラリーレーシング」が登場。発売後、WRCファンを中心に支持を集めた"伝説のレプリカホイール"は、その復刻を望む声が多かった。

170414-OZ-3.jpg
そんなファンの要望に応えるべく、モータースポーツで鍛え上げられた性能と個性的なスタイルを受け継ぎながら、現代のセンスで蘇らせたのが「New ラリーレーシング」である。

さっそくその新作をフォルクスワーゲン/アウディ車に装着してみた。

下はアウディのコンパクトスポーツ「S1スポーツバック」。8.0J×18インチ、5穴、PCD100mm、インセット35mmの"レースホワイト"を装着しているが、S1スポーツバックのスポーティさを際立たせるデザインは、このクルマにベストマッチといっても過言ではない。

170414-OZ-5.jpg
ホワイトに加えラインアップされる"ダークグラファイト"は、クルマの持つ精悍なイメージを強めるのに一役買う。

170414-OZ-8.jpg
そのダークグラファイトのNew ラリーレーシングを「フォルクスワーゲン ゴルフGTE」に装着したのが下の写真だ。どんなボディカラーにもマッチし、足元をきりりと引き締めてくれるのがうれしいところだ。

170414-OZ-21.jpg
8.0J×17から8.5J×19までさまざまなサイズを用意。価格は8.0J×17が4万9000円、7.5J×18が6万円、8.0J×18が6万1000円、8J×19が7万3000円、8.5J×19が7万4000円である(いずれも税別1本の価格)。

170414-OZ-14.jpg
往年のファンのみならず、新しいユーザーにも強く訴えかけるNew ラリーレーシング。愛車をスポーティかつ個性的に彩りたい人には見逃せないホイールになりそうだ。

詳しいサイズや車両適合については、オーゼットジャパンの公式サイトをチェックしてほしい。

■関連リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3843

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30