【O・Z】2017新商品を発表

| トラックバック(0)
170417-OZ-07.jpg2017年4月14日、オーゼットジャパンは都内で新商品発表会を開催し、「Rally Racing」「Hyper-GT」「Forgiata GT」を発表した。
2017年の新商品の目玉といえるのが、WRCファンを中心に支持を集めた"伝説のレプリカホイール"「Rally Racing」を現代に蘇らせた「New Rally Racing(ラリーレーシング)」だ。

詳細はこちらのレポートをご覧いただきたいが、待望のモデルの復刻は、新しいファンを増やすことに一役買うはずだ。

170417-OZ-01.jpg
「Forgiata GT(フォージアータGT)」は、走りにこだわる本格派の要望に応える鍛造ホイール。F1やWECなど、モータースポーツの分野でトップシェアを誇るO・Zは、「Audi R8 LMS」など、自動車メーカーが手がけるFIA GT3マシーンに鍛造ワンピースホイールを提供している。このForgiata GTは、そんなスポーツホイールのテクノロジーが注入された量産ホイールなのだ。

170417-OZ-02.jpg
たとえば、Forgiata GTのスポークには膨らみがあるが、これは剛性を高めるためのF1由来のテクノロジーだ。高剛性と軽量化を両立するサイドカットスポークもモータースポーツではおなじみだ。

リムとの接続部はエアロウィングと呼ばれる形状が採用され、空力や剛性の向上を実現。また、ローズマーキングと呼ばれるセンター部の溝はGT3やLMP1に用いられる手法だという。さらに、インナーリムはLMP1ホイールの形状を採用することで、剛性の最大限化をはかった。

サイズは9.5J×18(10万1000円)と10.5J×18(10万3000円)を設定。また、8.5J×18を開発中とのことだ。カラーはグリジオコルサとスターグラファイトが用意される。

170417-OZ-03.jpg
Forgiata GTの弟分として発売されるのが「Hyper-GT」。O・Z独自のフローフォーミング製法を用いた鋳造ホイールで、Forgiata GTにも採用されるサイドカットスポーク、ローズマーキング、インナーリム形状といったテクノロジーを受け継いでいる。

170417-OZ-04.jpg
サイズは7J×18(7万5000円)〜10J×19(9万2500円)で、アウディA4などさまざまなモデルに対応する。カラーはスターグラファイトを設定する。

170417-OZ-05.jpg
詳しいサイズや車両適合については、オーゼットジャパンの公式サイトをチェックしてほしい。

■関連リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3846

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30