【VW】RacingLine Performance Parts

| トラックバック(0)
160304-Adenau-11.jpgイギリスの「RacingLine」社がフォルクスワーゲンの市販車向けに開発したハイパフォーマンスパーツが「RacingLine Performance Parts」だ。

※価格はすべて税別、工賃別。
RacingLine社は、イギリスで「Volkswagen Racing UK」としてモータースポーツ活動を行う会社で、そのノウハウを生かし、フォルクスワーゲンの市販車向けに開発されたチューニングパーツが「RacingLine Performance Parts」である。

日本ではRacingLine Japan(レーシングライン・ジャパン)が扱うこのブランド、ゴルフRやGTI用を中心に、さまざまなパーツが用意されている。

160304-Adenau-10.jpg
たとえば、下の写真は「VWR R600コールドエア・インテーク」(8万5000円)。ゴルフ7R/GTI向けに開発された大容量インテークキットだ。

160304-Adenau-22.jpg
160304-Adenau-21.jpg通常のインテークはエアの取り入れ口が1カ所だが、このVWR R600コールドエア・インテークは取り入れ口が2カ所になり、内蔵のフィルター表面積は純正の43,200mm2に対して、96,477mm2に拡大。これにより600psもの大パワーに対応できる。
ゴルフ7Rに装着した場合、最高出力が10psほどアップするとともに、トルクアップが図られる。その効果が容易に体感できるとあって、RacingLineの人気商品となっている。

一方、下の写真は、「VWR Golf 7 R リア エキゾーストシステム(eマーク付き)」(39万円)。パイプ径3インチ、チタンテール100mm、4本出しのこのエキゾーストシステムは、低速トルクを落とさずに高回転域のパワーアップが可能。しかも、EC型式認証マークの「eマーク」付きなので、日本の車検にも対応する。

160304-Adenau-7.jpg
こちらは、「VWR Golf 7 ストリートスポーツ・プラス サスペンションキット」(36万円)。ストリート向けの車高調コイルオーバーサスペンションキットで、Golf R用とそれ以外のモデル用を設定。減衰力は12段階の調整が可能だ。

160304-Adenau-29.jpg
160304-Adenau-25.jpgこれ以外にも減衰力固定式の「VWR Golf 7 ストリート・スポーツ コイルオーバーキット」(20万円)や、ローダウンが図れる「VWR スポーツスプリングキット」(写真左)などが用意される。
ブレーキ関連商品も充実しており、写真の「VWR Golf Mk7 モノブロック フロントブレーキキット」(49万円〜56万7000円)は6ポッドモノブロックキャリパーと360mmローターの組み合わせ。キャリパーの色は赤、青、黒に加えて、チタンカラーやカスタムカラーが選べる。

160304-Adenau-30.jpg
160304-Adenau-32.jpgまた、日本オリジナルの低ダストタイプのブレーキパッド(写真左)も発売が予定されている。
このほかにもエンジンマウント、牽引フック、エアフィルター、サスペンション、ホイール、さらに、アパレルなど、さまざまな商品がラインアップされるRacingLine Performance Parts。フォルクスワーゲンのチューニングを考えている人にとっては見逃せないものばかりだ。
  
160304-Adenau-31.jpg160304-Adenau-23.jpg
160304-Adenau-26.jpg160304-Adenau-27.jpg
RacingLine Performance Partsは、「Adenau」を始め、全国のフォルクスワーゲンチューニングショップで入手可能。興味のある方は、チューニングショップのスタッフに相談してみてはいかがだろう。

160304-Adenau-24.jpg
■関連リンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3542

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28