【SUPER GT Rd.3 Suzuka】Hitotsuyama Audi R8 LMSがチャンスを逃す

| トラックバック(0)
180519-SGT-4.jpg2018年5月20日、三重県の鈴鹿サーキットにて2018 AUTOBACS SUPER GT Round 2「SUZUKA GT 300km -FAN FESTIVAL-」の決勝が行われ、Hitotsuyama Audi R8 LMSは一時2位を走行する好調さ見せながらも、タイヤトラブルにより入賞を逃した。
鈴鹿大会といえば8月の1000kmレースが思い浮かぶが、今年は同時期にSUPER GTとは異なる「SUZUKA 10 HOURS」が開催されるため、SUPER GTは「SUZUKA GT 300km」として5月の開催になった。それでも人気のレースシリーズだけに、決勝が行われる5月20日には3万3000人の観客が訪れ、鈴鹿サーキットは興奮に包まれた。

決勝前日の19日には、強風のもと、いつもどおりノックアウト方式で予選が行われた。Audi Team Hitotsuyamaは、リチャード・ライアン選手がQ1を担当し、9番手でQ2進出を決める。Q2を担当した富田竜一郎選手も9番手タイムをマークしているが、「前半は完璧でしたが、スプーンカーブでミスをしてしまいました。おそらく3、4番手を狙える感触だっただけに残念です」とコメント、本人もマシーンも良い状態であることをうかがわせる。

180519-SGT-02.jpg
一方、Team TAISANは、川端伸太朗選手がQ1に臨んだが、Q2進出が可能な14番手に0秒003及ばず、15番グリッドからのスタートとなった。

180519-SGT-01.jpg
20日の決勝は、鈴鹿サーキットの計時システムにトラブルが発生したことから約40分遅れのスタートに。21号車のHitotsuyama Audi R8 LMSは、好調な富田選手が初のスタートドライバーを務めた。

180520-SGT-00.jpg
チームの期待に応えるように、富田選手はスタート直後に18号車のUPGARAGE 86 MCをパスし、その後も止まらぬ勢いで序盤のうちに5番手までポジションアップを図った。レースの折り返しを過ぎても富田選手がドライブを続け、ピットストップの直前の30周終了時点では、トップと約1秒差で暫定2位のポジションに漕ぎ着けていた。

ところが、ピットに向かう周回で右リヤタイヤがバースト。幸いピットに辿りつくことができたものの、大きくタイムロスして表彰台のチャンスを逃し、23位完走に終わる。

26号車のTAISAN R8 FUKUSHIMAも、マシーンにトラブルが発生し、その修復のために周回遅れにとなったことから、28位という結果となった。

優勝は、ポールポジションからスタートの96号車のK-tune RC F GT3(新田守男/中山雄一組)。

180520-SGT-1.jpg
レース後、Audi Team Hitotsuyama代表の一ツ山亮次氏は、「もしもあのバーストがなかったら、6位あたりでコースに復帰できたと思いますし、上位の多くがタイヤ無交換で走っているなかで、4輪タイヤ交換したリチャードがプッシュしてくれれば、優勝したレクサスに届いたかどうかはわかりませんが、2位表彰台は確実だったでしょう。そう思うととても残念で悔しいですが、何とかコースに留まり、マシンにダメージがなかったのは不幸中の幸いです。次のタイ戦は、ウェイトハンディがほとんどありませんので、ひと暴れして結果を残し、中盤戦から後半に向けて、良い流れをつくりたいと思います。応援してくださる皆さん、それまでもうしばらくお待ちください」と語った。

180519-SGT-03.jpg
次の第4戦は6月30日〜7月1日、舞台をタイに移しての開催となる。

(Text by Satoshi Ubukata / Photos by Satoshi Ubukata, GTA)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/4081

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31