【Formula E Rome】ルーカス・ディ グラッシが2位表彰台

| トラックバック(0)
180416-FE-01.jpg2018年4月14日、イタリアのローマにてフォーミュラE第7戦が開催され、Team Audi Sport ABT Schaefflerのルーカス・ディ グラッシが2位表彰台を獲得した。
6番手スタートのディ グラッシは、スタート直後に8位までポジションを落としたものの、徐々に順位を上げる。終盤にはサム・バードと激しいトップ争いを繰り広げるが、0.970秒差で惜しくもトップチェッカーを逃した。

「ローマで開催されたフォーミュラEで、表彰台に上がることができて大変うれしいです。スタート直後に8番手まで後退してしまったので、2位という結果に満足しています。素晴らしいレースでした。Audiの全スタッフとFanBoostで僕に投票してくれたファンの皆さまに感謝します。今回のレースでは、セバスチャン・ブエミをオーバーテイクするときに、ブースト機能を使いました」と語った。

180416-FE-02.jpg
一方、9番グリッドのアプトはスタートでディ グラッシの前に出るが、ピットストップで順位を落としたのが響き、4位でレースを終えることになった。

「ピットと交信できなかったので、完全に孤立状態となり、エネルギー管理に関する情報を受け取ることができませんでした。いずれにしてもマシーンは速く、セカンドカーではトラブルは発生しませんでした。セバスチャン・ブエミとアンドレ・ロッテラーは、簡単には抜かせてくれませんでした。この2台をオーバーテイクするのに、かなり手間取ってしまいました。あと1周あれば、表彰台を獲得できたと思います。それでも、予選9番手からスタートして、貴重なポイントを稼ぐことができて大変うれしく思っています。ファステストラップも記録することができました」とコメントした。

180416-FE-04.jpg
チーム代表のアラン・マクニッシュは、「今日のレースは、手に汗握る展開となりました。レース終了間際は、トップ3台の接近戦となり、ルーカスが優勝するのか、それとも3位になるのか、まったくわからない状態でした。最終的には2位と4位でフィニッシュして、ダニエルはファステストラップも記録することができましたので、大変うれしく思っています。パリで開催される次のレースを今から楽しみにしています」と述べている。

180416-FE-03.jpg
次の第8戦は4月28日、フランスのパリでの開催となる。(Text by Satoshi Ubukata)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/4060

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30