2018年のAudi customer racing体制を発表

| トラックバック(0)
180324-Motorsport-5.jpg2018年3月24日、アウディ ジャパンは、2018年のAudi customer racing体制を発表した。
SUPER GT公式テストが開催されている富士スピードウェイで、2018年のAudi customer racing体制発表会が行われた。

アウディ ジャパンは、昨年に引き続き、SUPER GTとスーパー耐久にAudiで参戦するチームをサポート。そのひとつとして、SUPER GTとスーパー耐久の全戦に、約2500アイテム、約8000点の部品を積む「Audi customer racingパーツトレーラー」を派遣することで、チームの負担を減らしている。

180324-Motorsport-1.jpg
Audi R8 LMSで戦うSUPER GT(GT300クラス)は、昨年と同じ「Audi Team Hitotsuyama」と「Team TAISAN」が参戦する。

Audi Team Hitotsuyamaは、ドライバーは7年目のリチャード・ライアン選手が引き続きAドライバーを務める一方、Bドライバーとして富田竜一郎選手を起用。さらに、2017年までFIA-F4に参戦してきた篠原拓朗選手をCドライバーとしてチームに帯同させる。

180324-Motorsport-4.jpg
チーム代表を務める一ツ山亮次氏は、「SUPER GTは非常に難しいレースでそう簡単に勝てるものではありませんが、常にトップ6を走れるようにすれば、必ずチャンスは巡ってくると思います。どのレースでもトップ6に入り、最終的にチャンピオンを狙える位置にいたいと思いますので、よろしくお願いします」と語った。

180324-Motorsport-6.jpg
Team TAISANは、2年目となる山田真之亮選手のパートナーして川端伸太朗選手が新加入する。さらに、スーパーバイザーとして元F1ドライバーの中野信治氏がチームに加わった。

180324-Motorsport-2.jpg
チームオーナーの千葉泰常氏は、「昨年は25位というかつてないみっともない成績でしたが、今年はなんとか先輩の21番(Audi Team Hitotsuyama)に追いついていけるように頑張っていけたらと思います。信治、真之亮、伸太朗の"さんしん"コンビでまいりますので、ひとつよろしくお願いいたします」と語り、会場を和ませた。

180324-Motorsport-7.jpg
一方、スーパー耐久は、ST-TCRクラスに3台のAudi RS 3 LMS、ST-Xクラスに3台のAudi R8 LMSが参戦する。

ST-TCRクラスは、19号車のバースレーシングプロジェクト、45号車のAudi Team DreamDriveに加えて、75号車のAudi Team DreamDrive Noahが参戦。また、ST-Xクラスは国外チームのPhoenix Racing Asiaが81号車、82号車、83号車を投入し、クラス上位独占を狙う。

180324-Motorsport-12.jpg
4月1日には鈴鹿でスーパー耐久が、4月8日は岡山でSUPER GTがそれぞれ開幕する2018年のレースシーズン。昨年以上にAudi勢が活躍することを期待したい。

(Text by Satoshi Ubukata)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/4045

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31