【SUPER GT Rd.8 Motegi】Audi Team Hitotsuyamaが4位入賞

| トラックバック(0)
161113-Rd8-12.jpg2016年11月13日、栃木県のツインリンクもてぎにおいて2016 AUTOBACS SUPER GT第8戦「MOTEGI GT GRAND FINAL」の決勝が行われ、Audi Team Hitotsuyamaが4位入賞、チームランキング3位でシーズンを終えた。
2016シーズンを締めくくる第8戦は、前日開催された第3戦同様、予選と決勝が1日で行われる1デイレースとなった。

朝から雲ひとつない快晴に恵まれたツインリンクもてぎでは、午前8時40分から予選が行われた。第3戦と異なるドライバー1名が15分間のタイムアタックを行うこの予選に、Audi Team Hitotsuyamaからは藤井誠暢選手が挑んだ。予選のタイヤを決勝のスタートで使うことから、#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSは硬めのタイヤを装着してコースイン。入念にタイヤに熱を入れた藤井選手は、5周目に1分47秒172をマークし、8番手からのスタートとなった。

161113-Rd8-00.jpg
午後1時37分から行われた決勝では、リチャード・ライアン選手がスタートを担当。途中1回のピットストップをタイヤ無交換にする予定だったことから、ライアン選手はペースを抑えながら着実に周回を重ねる......はずだった。

161113-Rd8-11.jpg
ところが、10周を過ぎたあたりから、予想以上にタイヤの消耗が激しいことがわかり、チームはタイヤを交換する作戦に変更。これにともない、ライアン選手はペースを上げ、24周が終わったところでピットインする。

給油とタイヤ4本の交換後に#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSは藤井選手のドライブでコースに復帰。ほどなく全車がピットストップを終了し、#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSのポジションは11番手と判明。ポジションアップを狙う藤井選手は、32周目には9位、35周目には7位に順位を上げる。さらに上位を走るマシーンが順位を落としたことから、39周目には6位に浮上した。

161113-Rd8-15.jpg
その後も藤井選手は追撃の手を緩めず、#26TAISAN SARD FJ AUDI R8、#3 B-MAX NDDP GT-Rをかわして4位にポジションアップ。後ろから追い上げてきた#33 Excellence Porscheを抑えながら、3位を先行する#4 グッドスマイル 初音ミク AMGを追い詰め始めたところでゴール。スタートから4つポジションを上げた#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSは、4位で最終戦を終えることができた。

161113-Rd8-13.jpg
この結果、Audi Team Hitotsuyamaはチームポイントを76とし、VivaC Team TSUCHIYA、aprに次ぐランキング3位(NDDP RACINGは同点3位)、GT3勢としてはトップのポジションで2016シーズンを締めくくることになった。

新型Audi R8 LMSとダンロップタイヤにより新たなスタートを切った2016年、Audi Team Hitotsuyamaは大きなステップを踏み出すことに成功した。この勢いのまま、来シーズンもGT300クラスを盛り上げてほしいものだ。

(Text & Photos by Satoshi Ubukata)

161113-Rd8-16.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3735

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31