新型「Audi R8 LMS」を富士スピードウェイでシェイクダウン

| トラックバック(0)
160206-R8-8.jpg2016年2月6日、Audi Team Hitotsuyamaは、新型「Audi R8 LMS」を富士スピードウェイに持ち込み、シェイクダウンを行った。

※ギャラリーはこちら
Audi Team Hitotsuyamaは、2016年のSUPER GT開幕戦から新型Audi R8 LMSを投入する。その最初のテストが富士スピードウェイで行われた。

160206-R8-13.jpg
この日は曇り空のもとAudi Team Hitotsuyamaのレギュラードライバーが、カーボンパネルむき出しの新型Audi R8 LMSを初ドライブ。トータル2時間半ほどの走行となったが、1分35秒台のベストタイムをマーク。リストリクターやウェイトのない状態とはいえ、「かなり速い」とは一ツ山亮次氏。

テストはトラブルやアクシデントに見舞われることなく、順調にメニューを消化。「トラブルなどなく、順調にメニューをこなすことができましたが、新型が別次元のマシーンに仕上がっているのが確認できました」(一ツ山氏)。

160206-R8-22.jpg
ニューマシーンの投入に加えて、チーム体制が変わり、また、タイヤがヨコハマからダンロップに変更になるなど、2016年は変革の年になるAudi Team Hitotsuyama。4月の開幕戦に向けては、2月中に岡山またはもてぎでテストを行い、さらに3月にはSUPER GTの公式テスト(岡山/富士)に参加することで、緒戦の岡山で表彰台を目指す意気込みだ。

160206-R8-10.jpg
(Text & photos by Satoshi Ubukata)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3520

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30