進む円高とアウディのお値段の関係

| トラックバック(0)
110917aow002.jpg9月だというのに真夏のような暑さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
私は汗かきなので夏が苦手なのですが、今年の東京は猛暑というわけでもないのにバテバテです。
さて、今週はフランクフルトモーターショーが開幕しましたね。
ポルシェ911の新型がついに発表されて興味津々ですが、ここはアウディのブログ。
アウディも負けていませんよ。アウディS5〜S7、そしてRS5のフェイスリフトまで怒濤の新車攻勢です。
この辺りの情報は1to8でも既に掲載されているので別記事をご参照いただくとして、今回はちょっと切り口を変えた話題を。

ご存じの通り世界的に夏にかけて経済危機が取りざたされています。
ギリシャの財政危機が大きな問題となっていますが、それに端を発してドル安、ユーロ安が続いています。
逆に円高が高い水準でとどまっていますね。これを書いている時点でS1=76~77円。
これは超がつく円高です。

日本の自動車メーカーを始め輸出中心の産業は大変なことになっていますが、一方消費者にとってはプラスの部分もあります。そう、輸入品が安く買えるのです。

ところがです。

輸入車の値段は下がりませんねー
何故なんでしょう?

まあ、円建てで決済しているとか、オプション・装備が違うとかいろいろ理由は聞きますが、それにしても、円安だった頃と比べても変化はごくわずか。
特に米国の価格と比べると差が激しいですね。

アメリカでも発売されたTT RSの価格は56,850ドル。円に換算すると約440万円!
一方、日本では840万円。なんと400万円の差。
税金とか無視した単純計算ですが、それにしても差が大きすぎます。
もし、TT RSが500万円だったら、今すぐディーラーに直行します。(笑)

まあ、内外の価格差が大きいのはアウディさんだけではないです。
ポルシェのケイマンSは47,604ドルなので、約370万円。安っ!
日本では754万円なので、こちらはほぼ倍!
もしケイマンSが400万円なら、今すぐディーラーに直行します。(これこれw)

趣味性の強いスポーツカーとかブランド品は価格が高いことに価値がある、なんて話もあるので為替に関係無く値付けされているんでしょうけど、それにしてももう少し安くしてくれるとうれしいですね。よろしくお願いします!>アウディジャパン様

個人的には、TTSが550万、TT RSが700万くらいだとうれしいです。
R8も1200万くらいだとイイですね~
まあ、妄想ですが・・・その前にちゃんと稼げってことですね。
皆さんも頑張りましょう!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/2009

Author:神脇健

神脇健:某ITベンチャー代表。 スーパーカーブームの洗礼を受け、 80年代にWRCで活躍するBigクワトロに憧れアウディに行き着いた技術オタク。 クルマ以外の趣味はカメラ。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ