【ミニ試乗記】Audi A3

| トラックバック(0)
170202-A3-5.jpgマイナーチェンジが実施されたAudi A3を短時間試乗。パワートレインを一新した2.0 TFSI quattroの印象は?
プレミアムコンパクトのパイオニアとして人気を集めている「Audi A3」シリーズが"PI"、すなわち、マイナーチェンジを実施した。その概要についてはニュースをご覧いただくとして、Audi A3 Sedan 2.0 TFSI quattroを短時間ながら試乗することができた。

エクステリアの印象は、写真以上に"変わった感"が大きい。シングルフレームグリルとヘッドライトの変更が、かなり効いている印象で、とくにSedanはAudi A4と見紛うばかりだ。

170202-A3-6.jpg
quattroモデルは、エンジンとトランスミッションがともに変更。エンジンは従来の1.8 TFSI(180ps)から、現行Audi A4のFF仕様に搭載される2.0 TFSI(190ps)に、また、Sトロニックは6速から7速に、それぞれグレードアップが図られた。

それだけに、その走りがどう変わったのか興味津々だったのだが、新搭載の2.0 TFSIは、従来の1.8 TFSI以上に低回転からのトルクが豊かなうえ、アクセルを踏み込んだときの力強さも一段と向上している。

Audi A4のFFでは、前輪がそのトルクを持て余す場面もあったが、このAudi A3ではquattroと組み合わされたことで、その高トルクを確実に路面に伝えてくれる。荒々しさも陰を潜め、実に上質な加速をもたらすのだ。Audi A4同様、1500rpm付近でややノイズやバイブレーションが気になることもあったが、Audi A3とのマッチングは抜群である。

短時間の試乗だったので燃費のチェックはできなかったが、"Bサイクル"を採用する2.0 TFSIの低燃費はAudi A4で確認済みなので、このAudi A3でも好燃費が期待できそうだ。

試乗車はオドメーターの数字が1000kmを超えたばかりで、さらに18インチタイヤと専用スポーツサスペンションを装着するS lineということで、やや硬めの乗り心地を示していたが、乗り心地は十分に快適なレベルを確保。もう少し距離が伸びたところで、再度その乗り心地などを確認してみたい。

170202-A3-1.jpg
この日は、Audi A3 Sedan 1.4 TFSI sportにも試乗することができた。今回のマイナーチェンジで、1.4 TFSIは122psだけになったが、相変わらず十分なトルクを発揮し、街中から高速道路までストレスを感じさせない加速を見せる。

乗り心地も、17インチとスポーツサスペンションが採用される「sport」グレードであっても、快適性な乗り心地とフラットな挙動をうまく両立している。

170202-A3-4.jpg
インテリアはマイナーチェンジ前のデザインを踏襲するが、オプションのバーチャルコックピットが採用された試乗車は、元Audi A3のオーナーである私にはとても新鮮な印象。「アウディ アクティブレーンアシスト」、「アウディ サイドアシスト」、「トラフィックジャムアシスト」を組み合わせた「セーフティパッケージ」はこの夏の導入ということで、今回の試乗車には搭載されていなかったが、それなしでもその魅力を増していることは確かである。

170202-A3-2.jpg
(Text & Photos by Satoshi Ubukata)

関連記事:


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3790

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30