2010年9月アーカイブ

100927-401.jpg一泊二日の滞在といっても、運転時間は正味3〜4時間というA7スポーツバックの国際試乗会。そんな短い時間でも、A7スポーツバックの魅力を確かに感じ取ることができた。しかし、それ以上に伝わってきたのが、アウディの変化だった。

100925-A7-301.jpgサルディニア島で開かれた国際試乗会では、運良く3.0TFSIエンジン搭載のA7スポーツバックを試すことができた。まずは、エアサス仕様のA7スポーツバック3.0 TFSIクワトロのコックピットに滑り込んだ。


100924-A7-201.jpgアウディのラグジュアリー4ドア"クーペ"「A7スポーツバック」はブランニューのモデルだけに、新しい機構も盛りだくさん。試乗する前に、まずはクルマの特徴についてレクチャーを受けた。

写真はオプションで用意されるフルLEDヘッドライト。

100923-A7-101.jpgA6とA8のギャップを埋めるモデルとして、アウディが放つスポーティモデルが「A7スポーツバック」だ。2011年半ばにも日本導入が予定されているこのニューモデルを、8speednetのライター生方がイタリアのサルディニア島で試乗、その実力を確かめた。

(Photo by Audi Japan)

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31