「Audi Q3」がフルモデルチェンジ

| トラックバック(0)
180725-Q3-01.jpg2018年7月25日、Audiは2代目となる「Audi Q3」の写真を公開した。

※ギャラリーはこちら
コンパクトSUVのAudi Q3がフルモデルチェンジにより2代目に生まれ変わった。横置きエンジン用プラットフォームの「MQB」を採用することで、最新のドライバーアシスタンスシステムなどを手に入れたのが特徴だ。

新型のボディサイズは全長4485×全幅1856×全高1585mm、ホイールベースは2680mmで、先代に比べて全長が97mm、全幅が25mm、ホイールベースが77mmそれぞれ拡大する一方、全高は5mm低められている。

フロントマスクは、「Audi Q8」同様、8角形のシングルフレームグリルを採用することで、新世代のQファミリーであることをアピールしている。ヘッドライトは全車LEDで、最上位版としてマトリクスLEDヘッドライトを選ぶことができる。

180725-Q3-02.jpg
インテリアデザインも一新。ダッシュボードは上部がエアベント、下部は8角形のなかにMMIディスプレイなどを配した"2階建て"のデザインとなった。8角形はシングルフレームグリルのデザインを反復したものだ。

180725-Q3-03.jpg
フル液晶メーターのバーチャルコックピットは標準装着。MMIディスプレイはタッチパネル式を採用している。

180725-Q3-04.jpg
リヤシートには150mmのスライド機構を採用。ラゲッジスペースはリヤシートを使用しているときでも530〜675Lを確保し、40:20:40の分割可倒式シートをすべて倒せば1525Lまでスペースを拡大することができる。

180725-Q3-05.jpg
エンジンはすべて4気筒の直噴式で、ガソリンが3タイプ、ディーゼルが1タイプが用意される。組み合わされるトランスミッションは6速マニュアルまたは7速Sトロニック。駆動方式はFFとquattroが設定される。いずれのモデルでも、サスペンションは前:マクファーソンストラット、後:4リンクとなる。

180725-Q3-06.jpg
ドライバーアシスタンスシステムも充実しており、自動ブレーキ機能のアウディ プレセンスフロントが標準装着。また、Sトロニック仕様では、アダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合したアダプティブ クルーズ アシストが利用できる。他にも最新のドライバーアシスタンスシステムが用意される。

新型Audi Q3は、2018年11月からドイツおよびヨーロッパで販売が開始される予定だ。

(Text by Satoshi Ubukata)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/4111

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ