「Audi on demand」を日本導入

| トラックバック(0)
180604-on demand.jpg2018年6月4日、アウディ ジャパンは、プレミアム モビリティ サービス「Audi on demand」を導入し、同日よりサービスを開始した。
「Audi on demand」はレンタカーサービスの一種で、会員はスマートフォンやPCで乗りたいAudi車をオンライン予約するだけで、簡単に好みのAudiを利用できるというもの。ミュンヘンを皮切りに、サンフランシスコ、香港、シンガポール、北京、マンチェスターで導入されており、東京は世界で7番目の都市になる。

今回の拠点となるのは東京・港区の東京プリンスホテル。Audi on demand専用サイト(www.jp.audiondemand.com)であらかじめ会員登録をしたあと、車両を選択し、サービス利用時間(4時間単位、最長30日)、車両引き渡し・引き取り場所(都内指定エリア内)を指定すれば予約が完了する。

車両は、Audi SportのAudi R8やRSモデル、人気のSUVなど多彩だ。料金は、Audi Q2 1.0 TFSI sportの場合、1時間2,100円(ただし、最小サービス単位は4時間)、1日(24時間)21,000円。走行距離無制限、燃料満タン返しは不要だ。

アウディ ジャパンは、「Audi on demandを通じて、Audiを気軽に体験していただき、これまでAudiに乗ったことがない方、大都市において自動車を所有はしなくとも質の高いモビリティサービスを求める方に対しても、新たなブランド体験の場所を提供してまいります」としている。

なお、日本のおけるAudi on demandの運営は、フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社のアウディ ファイナンシャル サービスが担当する。

(Text by Satoshi Ubukata)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/4086

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ