2025年に80万台の電動化されたAudiを販売

| トラックバック(0)
180515-etron.jpg2018年5月9日、AUDI AGの株主総会が開催され、AUDI AGの取締役会が企業戦略「Audi.Vorsprung.2025」を提示した。
「Audi.Vorsprung.2025」では、2025年に約80万台の電動化されたAudiを販売する目標を発表。電動化されたAudiには、電気自動車に加えて、プラグインハイブリッドも含まれる。

Audiは2018年末に電気自動車の第1弾となる「Audi e-tron」を発表する予定。さらに2019年には第2弾の「Audi e-tron Sportback」が、2020年にはAudi Sportから「Audi e-tron GT」が登場。また、同じ2020年にはプレミアムコンパクトセグメントにも電気自動車を投入する予定だ。

そして、2025年までにはすべてのラインアップに電動化されたグレードを用意。その実現のために、コンパクトセグメントではフォルクスワーゲンと、ミッドサイズ以上のセグメントではポルシェと共同で車両を開発する。

AUDI AG取締役会のルパート・シュタートラー会長は、「私たちの視線は、常にAudiのスローガンである"Vorsprung durch Technik(技術による先進)"の実現と継続に向けられています。私たちの目標は、モビリティに革命を起こすことです。私たちはまた、eモビリティの分野で、プレミアムメーカーのリーディングカンパニーになりたいと考えています。そのためには、日常ユースへの完全な適合性、最高の品質、優れたドライビングプレジャーを持つ妥協のない製品をお客様に提供する必要があります。アウディが備える卓越した技術により、私たちはVorsprung(先進性)を製品に適用し、eモビリティを次のレベルへと引き上げます」と述べている。

(Text by Satoshi Ubukata)



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/4078

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ