Audi初の後輪駆動車「Audi R8 V10 RWS」登場

| トラックバック(0)
170912-R8 RWS-01.jpg2017年9月11日、Audi Sport GmbHは後輪駆動の「Audi R8 V10 RWS」を発表した。
かねてからの噂どおり、後輪駆動を採用する「Audi R8 V10 RWS」が限定モデルとして登場した。CoupeとSpyderが用意され、あわせて999台が限定生産される。Audi R8 V10 RWSはAudiの市販モデルとしては初の後輪駆動車になる。

170912-R8 RWS-02.jpg
搭載されるエンジンは、5.2L V10の5.2 TFSI。最高出力540ps、最大トルク540Nmを誇る。後輪駆動の採用により、車両重量はquattro版に比べて50kg(Spyderは40kg)軽減され、0-100km/h加速はCoupeが3.7秒、Spyderが3.8秒を達成する。

170912-R8 RWS-03.jpg
標準搭載のアウディ ドライブセレクト ダイナミックハンドリングシステムで「ダイナミック」モードを選び、ESCをスポーツに切り替えると、ドリフト走行に適したセッティングになる。

170912-R8 RWS-04.jpg
Audi SportのCEOであるステファン・ヴィンケルマン氏は、「Audi R8 V10 RWSは純粋主義者のためにつくられたクルマ」と語り、同じく後輪駆動を採用するレーシングカーの「Audi R8 LMS」のロードゴーイングバージョンとして位置づけたい考えだ。

170912-R8 RWS-05.jpg
Audi R8 V10 RWSは、この秋からヨーロッパでの受注が始まり、2018年初めから順次デリバリーが開始される予定。価格はCoupeが14万ユーロ(約1820万円)から、Spyderが15万3000ユーロ(約1990万円)からとなる。

(Text by Satoshi Ubukata)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3940

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ