アウディ ジャパンが「Audi Cam(アウディ カム)」を導入

| トラックバック(0)
Audi Logo Black.jpg2017年4月6日、アウディ ジャパンは、顧客に整備内容を知らせるビデオメッセージと、概算見積書をスマートフォンやPCに送る「Audi Cam(アウディ カム)」のサービスを2017年4月から本格導入すると発表した。
Audi Camでは、口頭では説明の難しい作業内容の説明や、顧客による作業実施の承認、作業完了報告などをメールとインターネットを使って行うことで、顧客の満足度を高めるとともに、作業の効率化を図るというもの。

アウディ ジャパンは、すでに一部の店舗で1年間のパイロット検証を行っており、その経験をもとにこの4月から本格的な運用に移すこととした、

Audi Camを使ったサービスの流れは次のとおり。

(1)販売店は、預かり車両の点検・整備対象箇所の状態を音声による説明とともに撮影し、Audi Camメッセージを作成して顧客に電子メールを送る。
(2)顧客が都合の良い時に電子メールに掲載されているビデオリンクをクリックすると、Audi Camのサイトが立ちあがり、整備項目が重要度とともに表示される。
(3)顧客は各整備項目についての動画と見積りを確認し、整備項目ごとに作業を実施するかどうかを選択して「選択を返信」を押す。
(4)顧客が選択を返信すると、販売店に顧客が希望する作業内容を通知する電子メールが届く。
(5)販売店は、顧客が希望する作業内容を実施し、完了したら電子メールで顧客に連絡する。

顧客からの返信機能付ビデオメッセージシステムの導入は、日本における自動車ブランドのアフターサービス業務では初となるという。

多忙なAudiオーナーにとっては、便利なサービスとなるか?

(Text by Satoshi Ubukata)

関連記事:


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3838

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30