「Audi Q8 sport concept」に注目の新パワートレイン

| トラックバック(0)
170310-Q8-01.jpg2017年3月7日、Audiは2018年に投入予定の「Audi Q8」につながるスタディ「Audi Q8 sport concept」を公開した。
2017年1月のデトロイトショーでAudiが「Audi Q8 concept」を発表したことはすでにニュースでお伝えした。その別バージョンとしてジュネーブショーで公開したのが「Audi Q8 sport concept」だ。

Audi Q8 conceptが縦バーを配したシングルフレームグリルを装着していたのに対し、このAudi Q8 sport conceptではハニカムメッシュのシングルフレームグリルを採用したことなどにより、さらにスポーティな雰囲気に仕上げられている。

170310-Q8-02.jpg
注目はそのパワートレイン。Audi Q8 conceptがプラグインハイブリッドを搭載していたのに対し、Audi Q8 sport conceptでは、ツインターボ+電動コンプレッサーを備える3.0 TFSIエンジンと、マイルドハイブリッドシステムを組み合わせることで、高性能かつ高効率なパワートレインを実現しているのだ。

170310-Q8-03.jpg
エンジンとトランスミッションのあいだは20kWのスターターモーターを配置。減速時にはエネルギー回生を行い0.9kWhのリチウムイオンバッテリーを充電。加速時には20kW/170Nmの電気モーターとしてエンジンをアシストする。低速時はモーターのみの走行も可能で、また、コースティング時には完全にエンジンが停止する。これにより、100km走行あたり1Lの燃料が削減できるという。

これを支えているのが48Vの電源システムで、"マイルド"といっても高い機能を備えているのが特徴だ。それでいて、コストや重量の点でもアドバンテージは多い。

170310-Q8-04.jpg
一方、450psを発揮する3.0 TFSIには、2つのターボチャージャーに加えて、モーター駆動のコンプレッサーを搭載。ターボの効果が低い低回転時などに過給をサポートすることで、幅広い回転域で力強い加速を実現する。すでにAudiは「Audi SQ7」のディーゼルエンジンに電動コンプレッサーを採用しているが、ガソリンエンジンにもこのテクノリジーを適用したい考えだ。

170310-Q8-05.jpg
(Text by Satoshi Ubukata)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3815

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31