【Information】シュポルト(Sport)のデモカーが進化中!

| トラックバック(0)
170901-Sport-8.jpg石川県能美市にあるフォルクスワーゲン/アウディの専門ショップ「シュポルト(Sport)」がデモカーの「ゴルフ7R」を富士スピードウェイに持ち込み、そのパフォーマンスをチェックした。
北陸のフォルクスワーゲン/アウディ専門店として、多くのファンから支持されているシュポルト。オイル交換や定期点検といった一般整備からアクセサリーの販売、足まわりやエンジンのチューニングなど、お客さまのさまざまな要望に応えてくれる頼れるショップである。

代表を務める東 幸夫(ひがし ゆきお)さんは、フォルクスワーゲン正規ディーラーのメカニックとして7年間勤務し、フォルクスワーゲン グループ ジャパンが認定する「テクニカルマイスター」の資格を有するエキスパート。一方、レースやドリフトを楽しんできた経験を生かして、スポーツドライビングにぴったりのチューニングも得意としている。

170901-Sport-1.jpg
そんな東さんが現在開発を進めているのがゴルフ7Rのデモカーだ。

エクステリアは、「派手な見た目よりも中身を重視した大人のチューニングカーを目指しました」という東さんの言葉どおり、オリジナルのスポーティさを大切にしたまま、COXの車高調整付サスペンションキット(スペシャル)やrevo製のホイール「RV019」+ミシュランPilot Sport Cup2(235/35R19)により精悍な印象に仕立て上げられている。

170901-Sport-2.jpg
一方のエンジンにrevo STAGE 3を施すとともに、revoのフルカーボンインテークキットやHJSのダウンパイプ、ミルテックのエキゾーストシステム、プラズマダイレクトをインストール。

170901-Sport-5.jpg
さらにrevo テクニックのステージ3 TTR ターボを装着したことで、オリジナルの280psから450ps程度にまでパワーアップが図られている。

170901-Sport-6.jpg
前回走行したときには2分2秒台のラップタイムをマークしていたというゴルフ7R。今回はとDSGをrevo STAGE 3に変更している。これにより自己ベスト更新はあるのか、東さんがさっそくタイムアタックを開始した。

170901-Sport-9.jpg
この日は気温、湿度ともに高めで、タイムアタックには不向きなコンディションだったが、東さんは2分00秒143をマーク。「2分切りが目標だったので、ちょっと悔しいです」と苦笑い。ちなみに、ストレートエンドでの最高速はメーター読みで260km/h以上! GPSによる計測でも250km/hを超えるというから、その実力はかなりのものだ。

170901-Sport-4.jpg
今後はインタークーラーの交換などによりさらに20〜30psの上積みを目指すという東さん。「サーキットだけでなく、街乗りもできるエンジンに仕上げています」とのことなので、興味のある人はシュポルトで試乗してみることをお勧めする。

170901-Sport-7.jpg
■シュポルト(Sport)
住所:石川県能美市寺井町る20番1
TEL:0761-58-5515 FAX:0761-58-5525

■関連リンク
シュポルト(Sport)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3937

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31