【シンディのレース日誌】2012.6.9〜厳しい現実

| トラックバック(0)
120625-Cyndie-08.jpg高温・多湿のマレーシアの気候以上に、シンディ選手の心に重くのしかかる現実とは......。
すでに朝の時点で、私たちのマシーンが決して早くないことを悟っていた。マシーンのバランスも好ましいものではなかった。

120625-Cyndie-06.jpg120625-Cyndie-02.jpg
どうやら、セパンとアウディR8 LMSの相性は良くないようだ。GT300クラスの最速マシーンに比べて、ストレートスピードは15km/hも遅いのだ。私たちにとってとても辛い状況である。

120625-Cyndie-03.jpg ストレートで互角に戦えない私たちは、ブレーキングとコーナーで頑張るしかない。しかし、予選トップ10に入るのは困難だった。

チームメイトのアキ(都筑晶裕選手)が公式練習とは違うタイヤコンパウンドで予選に挑んだが、オーバーステアに悩まされてタイムを上げることができない。

結局、予選は19位。アウディR8 LMS勢では最下位に終わる。
Text : Cyndie Allemann
Photos : Eric Gilbert
Special thanks : Hitotsuyama Racing

関連記事:


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/2401

Author:Cyndie Allemann

1999年にジュニアとしてカートデビュー。その後、2004年にスイスで行われたフォーミュラ・ルノー2.0、2006年にドイツのユーロスピードウェイ・ラウジッツで行われたドイツフォーミュラ3選手権、2007年にフォーミュラ3・ユーロシリーズに出場した。 2008年にはアメリカのレースインディ・ライツに出場し、2010年にFIA GT1世界選手権のフォードのドライバーとして出場し、同年にル・マン24時間レースに出場した経験を持つ。 今期はヒトツヤマ・レーシングと契約しSUPER GTに参戦、GT300クラスでアウディR8 LMSをドライブする。SUPER GTとしては初の女性ドライバーとなる。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31