「Audi my car care Campaign」で愛車をリフレッシュ

| トラックバック(0)
150806-A4-9.jpgAudiに長く乗り続けている人にとって気になるのが、愛車との上手な付き合い方。たとえば、消耗パーツを適切なタイミングで交換すれば、常に愛車をベストの状態に保つことができます。今回はAudiライフをサポートするキャンペーンをチェックしました。
現在、Audi正規ディーラーでは新車登録後4年以上経過したAudi車を対象とした「Audi my car care Campaign(アウディ・マイ・カー・ケア・キャンペーン)」を実施しています。ワイパーブレード、各種フィルター、ウインドシールド、ウェザーストリップ、ブレーキパッド、サスペンションといったアウディ純正パーツを交換し、新車のころの性能を取り戻そうというものです。

今回、メディア取材用に用意されたのは2006年式のAudi A4 Avant。走行距離は7万kmに達していますが、9年経ったクルマとは思えないほどボディはピカピカに手入れされていました。その一方で、ブレーキには変化が見られていて、「ブレーキを踏んだときの感じが少し頼りない」とのことです。

150806-A4-3.jpg
これに対し、サービスアドバイザーからは、「ブレーキパッドが減っているようなので、メカニックに確認してもらいましょう」という提案がありました。また、ワイパーも確認したところ、交換時期を迎えていたので、これにも対応してくれるということです。

150806-A4-2.jpg
まずはメカニックがブレーキパッドの交換作業を行います。ホイールを外してブレーキパッドの厚さを再確認すると、やはりフロントのブレーキパッドの摩耗が進んでいました。ちょうど交換時期だったようです。

150806-A4-5.jpg150806-A4-10.jpg
下の写真は新品(上)と摩耗した(下)フロントブレーキパッド。限界に近づいており、そのせいでブレーキを踏んだときの感触が頼りなかったようです。もちろん、新品に交換します。

150806-A4-8.jpg
同様にリヤのブレーキパッドも交換時期を迎えていたため、こちらも交換することになりました。ブレーキローターはとくに傷や摩耗もなく、まだしばらくは交換の必要はないとのこと。「とりあえず替えておきましょう」ではなく、必要なものを適切な時期に交換するため、余分な費用が発生しないのは助かりますね。

また、ワイパーブレードは交換したのが1年前ということもあり、メカニックから「そろそろ替えどきですね」とのアドバイスがありました。雨が降り出すたびに拭き残しに気づき、「しまった」ということになりかねないので、この機会に新しいワイパーブレードを装着しておくことになりました。

150806-A4-1.jpg
ひととおり作業が終わったあと、メカニックが走りを確認。「走行距離のわりに足まわりはしっかりしていますから、サスペンションはしばらくこのままで大丈夫でしょう。フロントガラスに傷やひび割れもありませんね。エアコンの効きも問題ありません。ブレーキパッドとワイパーを替えましたから、これで安心して長距離ドライブに出かけられるでしょう」とお墨付きをいただきました。

Audi正規ディーラーに定期的に足を運ばれている方は、常に適切なアドバイスを受けられていると思います。一方、Audiオーナーのなかには「正規ディーラーはなんとなく敷居が高い」というイメージを抱いている人も少なくないでようです。しかし、実際は気軽に相談ができますし、適切な時期に適切なパーツ交換をアドバイスしてくれるので実は合理的です。

なお、サービスアドバイザーに愛車のことをじっくり相談するなら、事前に予約を入れて、平日に伺うのがいいそうです。読者の皆さんも「Audi my car care Campaign」を機に、愛車の気になる部分を相談してみてはいかがでしょうか?

(Text by Satoshi Ubukata)

関連記事:


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3356