【番外編A3 PI】MMIはさらにシンプルに

| トラックバック(0)
170214-A3 MMI 2-1.jpgAudi A3のマイナーチェンジを機に、MMIナビゲーションもリニューアル! さらにシンプルになりました。
下の写真、どちらもAudi A3のMMIナビゲーションのメニューです。

お察しのとおり、右がマイナーチェンジ前で、左がマイナーチェンジ後のメニューです。見た目にも大きく変わっているのがわかるでしょう。

170214-A3 MMI 2-20.jpg170214-A3 MMI2-21.jpg
注目したいのは操作スイッチの変更です。「NAV/MAP」、「TEL」、「RADIO」、「MEDIA」の4機能を手元を見ずに切り替えられるスイッチを踏襲する一方、ロータリースイッチの周囲にあったコントロールボタンが4個から2個に減らされています。

このあたりは、現行のAudi TTから始まった新インターフェイスを採用していて、Audi A4やAudi Q7でも同様のレイアウトになっています。

170214-A3 Interior-2.jpg
ボタンが減ると、そのぶんメニューの階層が深くなり、むしろ使い勝手が悪くなる......なんてことがありがちですが(笑)、AudiのMMIはその心配は無用。一度理解してしまえば、簡単に使えます。

下の写真は一般的な地図表示です。画面の左右にタブがあるのがわかるでしょうか? 左の三本線が「選択メニュー」、右の"+"が「オプションメニュー」。これが表示されているときには、メニューが利用できます。

その際に押すのが2個のコントロールボタンで、左のコントロールボタンを押せば左の選択メニューが、右のコントロールボタンを押せば右のオプションメニューが現れます。

170214-A3 MMI 2-11.jpg
たとえば地図が表示されている状態で選択メニューを呼び出すと、ここから目的地入力やVICSの表示に移ることができます。一方、スマートフォンの音楽を再生中のメディア画面では、プレイリストやアルバム、アーティストなどの表示機能を選ぶことができます。

170214-A3 MMI 2-13.jpg170214-A3 MMI 3-2.jpg
一方、オプションメニューはおもに設定変更を行うためのものです。

170214-A3 MMI 2-12.jpg
なお、コントロールボタンを押すかわりに、中央のロータリースイッチを左右に動かすことで選択メニューやオプションメニューを呼び出すことも可能です。

ちなみに、中央のロータリースイッチを手前に動かすと、再生中のプレイリストや放送局リストが表示され、ここから簡単に選曲や選局が行えます。

170214-A3 MMI 2-14.jpg
スマートフォンなどの接続は、従来の専用ケーブルから通常のUSBケーブルに変更になりました。また、インターフェイスそのものも、"アウディ ミュージックインターフェイス"から"スマートフォンインターフェイス"に変わっています。

もちろん、従来どおり、Bluetooth経由で音楽を再生することも可能です。

170214-A3 MMI-11.jpg
私の場合は、iPhoneをUSBケーブルでつないでいますが、ミュージックプレーヤ代わりに使っているiPhone4は問題ないのですが、iPhone7と最新のiOSではメーターにプレイリストが表示されず、マルチファンクションスイッチでは選曲できませんでした。他のiPhoneでも、その世代やiOSのバージョンによってはこのような症状が発生するかもしれません。

これに対応するMMIのアップデートが「myAudi」からダウンロードできるようになると助かるのですが......。

170214-A3 MMI-1.jpg
(Text by Satoshi Ubukata)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/3798

Author:生方 聡

1964年生まれ。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の編集部員を経てフリーランスのジャーナリストに。フォルクスワーゲン専門誌「Breeze」(現在休刊中)の編集長。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30