【Audi A1日誌】秘密の扉を開けてみた!

| トラックバック(0)
110425-Coding-01.jpgアウディA1にPCをつないで、ちょこちょこっと設定を変えてみました。
フォルクスワーゲン/アウディ/セアト/シュコダに対応する車両診断ツールとして有名なのが「VCDS」です。専用のケーブルを手に入れ、PC(Windows)にVCDSをインストールすると、PCで車両の故障診断や各種設定ができるというシロモノです。

以前、ゴルフヴァリアントのステアリングホイールをパドルシフト付きに交換する際、必要に迫られて購入しましたが、アウディA1でもいろいろできそうなので試してみました。

いわゆる「コーディング」という作業ですが、僕のA1では「デイタイムランニングライト」、「ニードルスイープ」(キーを捻ったときに速度計/回転計がフルスケールまで往復)、「フォグランプのコーナリングライト化」などを有効にしてみました。一番ほしいのは、ギアをリバースに入れたときに助手席側のミラーを下げる機能ですが、これに関してはいまのところ有効にできていません。

110425-Coding-02.jpgデイタイムランニングライトを有効にすると、MMIのメニューでオン/オフが切り替えられるようになります。
ただし、こういったコーディングにより車検が通らなくなったり、クルマに不具合をきたす恐れがありますので、コーディングをオススメするつもりはありませんし、作業および機能の利用はあくまで自己責任でお願いします。なお、具体的なコーディング方法はネットでググれば出てきますので、ここでは省略します。

110425-Coding-03.jpgコーディングにより、MMIの設定画面(いわゆる"裏メニュー")にアクセスできるようになります。こちらの裏メニューも、最悪の場合は、MMIのデータが破損する恐れがありますので、安易に手を出さないほうが無難です。
たとえば、設定を変えると、CDから直接ジュークボックスにミュージックデータのコピー(リッピング)ができるようになります。ただ、リッピングの速度は3〜4倍速程度なので、僕はいままでどおりPCでリッピングして、SDカードからジュークボックスにコピーしています。そのほうが断然早い(笑)

というわけでは、CDのリッピングにはさほどありがたみを感じなかったのですが、裏メニューをチェックしていたら、思いがけない機能を発見してしまいました! これが使えるかどうかで操作性が格段に違ってきます。どんな機能かというと......続きは、次の機会に!

関連記事:


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1to8.net/mt/mt-tb.cgi/1669

Author:生方 聡

1964年生まれ。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の編集部員を経てフリーランスのジャーナリストに。フォルクスワーゲン専門誌「Breeze」(現在休刊中)の編集長。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ